ブルゴーニュワイン、グランクリュ通りにあるホテル

ガストロノミーとワイン

ガストロノミーとワインの町 ボーヌは、徒歩、自転車、ヘリコプター、気球で、大地と空の両方からあらゆるシーンを楽しめます。 ボーヌ、ブルゴーニュワインの都: 毎年11月の第3日曜日に、オスピス・ド・ボーヌでワインのオークションが開かれます。世界で最も盛大なこのワインオークションでは、毎年著名人が采配者として招待され、ワイン1樽(ボトル約300本)分を別格に競売を繰り広げます。この落札額は公の慈善施設の向上に使われます。祭りは栄光の3日間と名づけられ、ブルゴーニュワインを愛する人々が世界中から集まりボーヌ全体が大賑わいになります。 ボーヌは世界遺産に登録されたグランクリュ街道の中間に位置し、街道沿いでは600以上のワイン生産者たちがブルゴーニュの地を豊かにしています。 ボーヌ、文化遺産の町: 数々のモニュメント、博物館、オスピス・ド・ボーヌ、ノートルダム教会、ブルゴーニュワイン博物館、ファロのマスタード工場等々、町の中には数々の歴史的遺産が残っています。 ボーヌ近郊にはワインをテーマに、イマジナリアム、クロ・ド・ヴージョ城、ポマール城、ラロシュポ城などがあります。 ボーヌ、音楽の町: 25年前から毎年夏にLe Festival International d’Opéra Baroque 国際バロックオペラ祭 (ヨーロッパで最も名高いフェスティバルのひとつ) が開かれます。このフェスティバルはブルゴーニュ公国を偲ばせる15世紀の最も豪華な音楽文化を永続させるものとして大切にされています。 また、毎年6月にはロックフェスティバル、9月にはジャズフェスティバル、そして12月にはブルースフェスティバルが開催されます。 ボーヌ、映画の町: 映画の発明者、ジュル・エティエンヌ・マレイが1830年にこの地に誕生しました。 2008年より毎年8月にはチャーリー・チャップリンを主題としたレトロシネマフェスティバルが開かれます。また、毎年3月には、以前はコニャックで開かれていた国際ポリス映画祭が2009年よりボーヌで開催されるようになりました。 また、映画監督クロード・ルル-シュ主宰の映画学校が近日開校される予定です。 ボーヌ, イルミネーションの町: 2010年4月よりBeaune by nightと称し、街路が150箇所のイリュミネーションで季節の色に彩られています。 30のモニュメント、城壁の防塞にも光りが灯ります。これらの光の歩道は携帯電話からダウンロードできる最新システムのガイダンスによって、7ヶ所のメインの光のショーを中心に一層楽しめるようになっています。 ボーヌ市内ライトアップ Les chemins de lumières(光の散歩道)にお出かけください。 Les chemins de lumières 光の散歩道 ボーヌライトアップ《Les chemins de lumières》

ブルゴーニュのクリマ

ブルゴーニュのブドウ畑の気候はユネスコ世界遺産の候補となっています。ボーヌやディジョン、コートドボーヌやコートドニュイのグランクリュと聞くと私たちはブルゴーニュの地、伝統、歴史を連想します。 プロセスの目的: 自然と文化遺産の保護への貢献 優れた価値への意識 特別な領土への評価と管理 将来の世代に遺産を残す 普遍的価値を世界の人々と共有 ホテル・ル・セップはこのプロセスを支援しています。 詳細はこちらwww.climats-bourgogne.com ホテルのお得なパッケージプランをご利用ください。 《パッケージ・デクベルト》(1泊2日) 《パッケージ・エスカパード》(2泊3日) 《パッケージ・空から眺めるコート ド ボーヌ》(2泊3日) パッケージプラン

イベントカレンダー

イベントカレンダー